今日もこねてみる。

不器用な2本の手と古いガスオーブン、そしてない知恵ふりしぼり作るパンの記録。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サワードウ オリーブとオレガノのクッペ
なんかおしゃれなタイトルですが、なんてことはない、いつものサワードウのクッペに小口に切ったオリーブとドライオレガノを成形のときに投入して焼いたのでございます。

画像右がそれ。
サワードウ オリーブ&オレガノクッペ

同時に3個焼いたのですが、クープの開き方が随分違います。これはドアの開け閉めによるわずかな温度差によるものかな。

底の図
底の図
クープがよく開いたものは底割れしてません。当たり前といえば当たり前か。

上出来クープの図
上出来にあいたクープ。いつもどれもこれくらい開けばいいのですが。
今回いつものように霧を吹いていたところ「ベン!」という大きな異音がしまして、この期に及んでオーブンが壊れては大変、と霧を吹くのを止めたのでありました。蒸気入れが足らなかったと思います。

オリーブパンの切り口
オリーブの実、緑のも黒いのも大好きなので、粉150gのドウに対して6,7個投入しました。オレガノは適当に。捏ねるときからハーブを入れた方がいいのでしょうけれど、面倒だったので。ホントはタイムを振り掛ける予定だったのですが、オリーブとオレガノも結構合ったので結果オーライ。オリーブが中央に来なかったのはご愛嬌^^
これをワインorビールでいただきました。ほかにアテは何もいらんねん^^
今度はドライトマトとハーブ入りの、やってみよう。

おやつにはしつこくクリームパンを。
子供の頃はクリームパンはジャムパンと同じくらい嫌いだったのですが、手作りの熱々カスタードクリームパンを食べるようになってクリームパン嫌いは完全になくなりました。焼きたては最高に美味しいと思います。ささやかな贅沢。

| サワードウ | 23:05 | comments(6) | - |
サワードウ クッペ 第2弾
前回のサワードウクッペがビギナーズラックだったのかもしれないので、もう一度トライすることにしました。

結果↓
サワードウクッペ第2弾の1サワードウクッペ第2弾クープサワードウクッペ第2弾切り口
同じのを再現できました^^

配合覚書

サワードウ 100g
強力粉 150g
水 100cc

↑これを混ぜて(捏ねない)一晩放置。

↑これに
強力粉 250g
塩 小さじ1
DY 小さじ半分弱
水 適宜 かろうじて扱えるくらいのドウに。

捏ねて1次発酵、成形して2次発酵。

焼成は
予熱したガスマーク9で25分(最後の3分ほどは裏返して焼く)
最初の10分ほどは1分おきに霧を吹いて蒸気を。

| サワードウ | 18:35 | comments(0) | - |
サワードウ・メンテナンス?
によると、サワー種は粉と水をFeedしてやるとずっと使い続けることが出来るそうです。
私も2週間以上前にサワー種を起こしてから、Feedしてやりながら使っています。

サワー種をしばらく使わないで冷蔵庫に置いておくと、ダークな色の上澄みと固形物に分かれますが、これはイーストが食べる粉の養分が少なくなったときに起こり、よく混ぜて使えばよいそうです。

ちょっと気持ち悪いようですがうちのサワー種も何日か放置するとこうなります↓

分離したサワー種

腐っているように見えます?
でも匂いはサワー種のいい匂いです。大丈夫、雑菌に汚染されていないようです^^

よく混ぜて明日のサワードウクッペ用に7割(140gでした)使い、残りに粉100g水100ccでFeedして冷蔵庫に保管しました。

Feed後のサワー種

サワー種、本当に重宝します。

*夜間撮影なので色調がかなり変です。すみません。

翌日のサワードウ

次の日のサワードウです。
また元気よく泡立ってきました^^

4月6日のドウ
また分離し始めました。
サワードウ再び分離
| サワードウ | 06:49 | comments(0) | - |
サワードウ クッペ
今日はサワードウを使ってクッペです。
前回よりサワードウを多めに使い150グラム^^
DYも少量使いました。

サワードウ クッペ

画面左下は一番温度の低くなるドア面に一番近く、何度も蒸気を作るために開け閉めしたのでクープがよく開いていません。

一番奥のクッペ

庫内で一番奥のはよくクープが開いています。

クッペ 切り口

ピキピキとよく鳴いてくれました。
皮がちょうどいい硬さでパリパリしていて、中はスポンジケーキのようにふわふわ柔らかで、久しぶりの大ヒットでした。

粉は全量強力粉です。
| サワードウ | 02:24 | comments(2) | - |
サワードウバゲット
以前マーケットのパン屋さんでサワードウバゲットを買いました。
余り酸っぱさを感じなかったので、もしかすると、と再現してみることにしました。

サワードウ100グラムを使って粉の半量を使ってまず中種を作りました。
翌日粉の半量と塩、DY小さじ半分を入れて捏ねました。
後はいつもと同じに。

サワードウバゲット

サワードウバゲット クープ

サワードウバゲット 切り口

微かな酸味がちょうどいいお味でした。
好みでサワードウの量を増やしたらいいですね。


| サワードウ | 02:15 | comments(0) | - |
サワードウでパンドカンパーニュ
2回目のフィード前に取り分けたサワードウを使ってパンドカンパーニュを作りました。
失敗が怖いので半分の量の粉で^^

サワードウと水、強力粉、全粒粉を混ぜて捏ねること10分。…午前10時
1時発酵終了後成形。…午後3時
2次発酵終了。…午後8時半
完成。…午後9時^^;
11時間もかかってしまった、、恐るべしサワードウ。

焼成後↓
サワードウでカンパーニュ
焼き過ぎです−−;

切り口↓
カンパーニュ 切り口
本の写真のように気泡が沢山!
サワードウでパンが作れました!

お味は

酸っぱい。

焼き立ては特に酸っぱさを感じます。
ああーこの味、ドイツの民宿でよく食べたなあ、、

悪かないです。悪かないけど、酸っぱい−−;
これは好みがありますね。

+

翌日フィードして元気一杯のサワードウで同じパンを焼きました。
時間を計算して、夜11時頃に捏ね、1次発酵。
翌朝7時に見てびっくり。過発酵も過発酵。
めげずにパンチして成形、2次発酵。
出先から戻ったのが1時半。
再び思い切り過発酵、、

一応焼いてみましたが、これはナン?ナンもこれよか膨らんでるわな、な焼き上がりに。
晒しモノにしようかと思いましたが、余りにも余りな出来に今回は失礼いたします、、

教訓
元気なサワードウの力を侮ってはいけない^^;

現在サワードウは冷蔵庫で寝ています。
さてどうしよう。
| サワードウ | 02:12 | comments(0) | - |
サワードウに挑戦!
サワードウに挑戦しました。
以前レーズン酵母をおこしてパンを作ったことがあったのですが、種継ぎに失敗(セメダインのような臭いがしたので捨てました)してからは、沢山レーズンを使う割にはメリットが少ないかなと。

サワードウは空気中の菌を培養するということで、粉と水さえあれば始められるので私のようなケチにはぴったり♪
本当にサワードウが出来るのか実験してみました。

強力粉(本ではオーガニックの無漂白のものをとありました。私は普通のを) 100g
ミネラルウォーターまたはフィルターでろ過した湯冷まし 115ml
これを混ぜてビンに入れ、濡れた布でカバーして時々混ぜること2−4日

3日目にぶくぶく泡が出てきました。
臭いは昔セキセイインコの雛を育てたときに使った粟玉をお湯にふやかしたような臭い(なんちゅう例え)です。本にはミルキーな匂いとあります。
サワードウ3日目
↑この状態になってから1日ごとに上記分量で2回フィードしますが、2回目は半分を捨ててフィードしろ、とありました。
半分取り分けたのがこれ。捨てるのは忍びないので使おうと思います。
サワードウ2回目のフィード後12回目のフィード後2
次の朝見てみるとますます盛んに泡立っていました。↓
翌朝1翌日2
これを使って明日はパンを焼いてみます。
| サワードウ | 01:05 | comments(2) | - |
NEW | TOP | OLD