今日もこねてみる。

不器用な2本の手と古いガスオーブン、そしてない知恵ふりしぼり作るパンの記録。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロールパン回帰
ここ何ヶ月も山高パンばかり作っていたのですが、またロールパンに戻ってきました。
というのも子供達がバーガーが食べたいと言いますので、、、
(子供に腹を立てていたので、パン作りに逃避したというのがホントかも)
クノート型も久しぶりに作りました。でも見えませんね。

怒りのロールパン1

怒りのロールパン2

コンパクトカメラで上手に後ろのピントをぼかす事は出来ないのかなあ。後ろのゴチャゴチャが誤魔化るし。
(そんなこと考える前に片付けろ)
| パンのこと | 00:48 | comments(4) | - |
スイスで買った粉
スイスで買ってきた粉です。
ブレッドミックス、水を加えるだけでOKというものだと思います。
どんなパンが出来るでしょう。
いろいろ焼いて楽しむつもりです。
上の細長いのはマジパン。
私の住んでいるところではなかなか見かけないので、クリスマスのパン用に買っておきました。気が早い??
しかし自分へのお土産が粉にマジパンとは私も変人か。

スイスの粉
| パンのこと | 03:03 | comments(0) | - |
スイスのアパートでパン作り
スイスのアパートでいつものパンを作ってみました。
強力粉はCoopで買ったWeissmehlで、それ以外はイギリスから持参した材料です。
まず粉の白いのにびっくり。
日本の「カメリア」も随分白い粉でびっくりしましたが、それ以上に白い感じ。
そして何となくいつも使っているイギリスのオーガニック小麦粉よりもグルテンの形成が悪いような気がしました。
値段はイギリスよりちょっと高めかな。まあ、全てにおいて値段の高い国ですが。

一生懸命捏ねて成形。

スイス粉、成形後

水分少なかったかな。
山は気温が低いので随分発酵に時間がかかりました。

スイス粉、焼き上がり

水分量が少なかったからか、生地が引きつれ、ノッツがほどけてしまいました。
いつもと同じく溶き卵も何も塗らないで焼きました。それにしても随分白い焼き上がりです。
この粉なら「ハイジの白パン」も白くきれいに焼けることでしょう。

ふわふわ♪

ふわふわです♪

でも山を一日歩いて、それからパンまで焼くのは大変過ぎるということで、この一回でパン作りはストップ。
その代わりお土産にいくつかお粉を買って帰りました。
| パンのこと | 02:53 | comments(0) | - |
カボチャあんパン再び
学校が休みの次男とアンパンを作りました。
先日のカボチャあんの残りを使ってカボチャあんパンも作りました。
強力粉100%で作ったらもっと腰高な格好のいいかぼちゃ風のアンパンになったのかなあ。
今日のは膨らみもイマイチの不満足な出来です。

カボチャパン

おお、そうです。今回は先の失敗を踏まえてカボチャの種の外皮を取りました。
売ってるのと同じ。どのカボチャの種でもいいのでしょう。カボチャの種、捨てられなくなりました。
夜は翌日のお弁当用のバターロールを焼きました。が、なぜか疲れ果て、睡魔に勝てず、焼き上がりまであと3分が待てませんでした。ネットをしていた子供に3分たったら起こして、と言付けるとこてっと寝てしまいました。ふと目を覚ますと既に8分経過。焦げ焦げのバターロールになりました。見事にかちこち。子供は3分寝た私が悪いと言うし、私は私で3分で起こさなかった子供が悪いと思うし。ふん、しばらくパンは焼かんぞ。
(すねた
| パンのこと | 00:55 | comments(0) | - |
Apple Cinnamon Pull-apart
友達の家の庭からクッキングアップルを沢山採ってきましたので、菓子パンを作ることにしました。

このクッキングアップル、紅玉くらいの酸味で、普通に食べようと思えば食べられました。木で熟したものは美味しいなあ。

さて、パンつくり。
The Big Bookのレシピで。
ついうっかり生地を緩くしすぎてベロベロの上に、生のりんごにシナモンと砂糖をまぶしたものから大量に水分が出て更にベロンベロンに。どうなることやら。

プル・アパートといえば日本でいうちぎりパン。
でもちぎれません。渾然一体化。
レシピのとおり強烈なアイシング(ではないけど、アイシングかと思うくらい砂糖たっぷり)をかけて、へーゼルナッツをまぶして出来上がり。

Apple Cinnamon Pull-apart

パンというよりケーキだな。

パン生地は甘くなくて、上のトッピングが甘いのが丁度いいと私は思ったのだけれど、長女は砂糖を食べているみたいだと苦情。
その割にお代わりしておったが、、、

イーストを使ったお菓子、ふわふわで美味しいですね。
新しい発見でした。
| パンのこと | 22:48 | comments(0) | - |
サワークリーム入りバターロール
サワークリーム(soured cream)を買ってきましたので、もう一度バターロールに挑戦です。

配合は

粉500グラムに対し
サワークリームが175ml
入っています。
他、卵、牛乳、バター、イースト、塩、砂糖です。

液体分がドロッとしたサワークリームなので捏ねるのに大変かなと思いましたが、いつもと同じでした。
捏ね時間も発酵にかかる時間も同じくらい。

一晩冷蔵庫で寝かせて、朝二次発酵40分。
最近冷蔵庫の調子が悪くて冷えが悪いのか、それとも単なる詰めすぎなのか、冷蔵庫で寝かせる間に昨日ほどではありませんが発酵が進んでいました。
う〜む、新しい問題発生。

ガスマーク7で焼成15分

サワークリーム入りバターロール

ふっくら焼けあがりました。

ふわふわ♪

割いてみたらこんな感じ。ふっくら感をお伝えしたかったの〜

気になるお味は、リッチな感じといいましょうか。
甘味も丁度良く、風味も良く、ジャムをつけて食べても、サンドイッチにしても美味しいと思います。
普通の1.5倍くらいのサイズですが、一気に2個もパクパク食べてしまいました。

The Big Bookのレシピからですが、この本にはロールパンのレシピが沢山で、次に気になっているのはマッシュポテト入りのロールパンです。生地の方にマッシュポテトが入っています。近々トライしてみます。
| パンのこと | 18:24 | comments(0) | - |
バターロール
昨日うっかり朝ご飯のパンを焼きませんで、Kingsmillの食パンを食べましたが、やっぱり焼きたての成功したパンの味には劣ります。へへ、手前パン。
なので、頑張って仕込むことにしました。

The Big Bookの配合を参考にしました。
今まで粉300グラムの配合で作っていましたが、5人家族には1食分にしかならないので、もうちょっと欲しいところ。
なので思い切って粉500グラムの配合で作ってみました。
このレシピ、牛乳やぬるま湯の代わりにサワークリームを入れるんだそうです。
でも買ってくるのを忘れたので、ヨーグルト大さじ2杯、残りは牛乳で代用しました。

捏ねるのはいつもより時間がかかりました。でもパン作りで捏ねの作業が好きな私。捏ね甲斐がありました。

The Big Bookの数少ない写真の中に多分パンチの図だと思うのですが、大胆な写真があるので私も真似てやってみました。

This is my fist♪

This is my thumb.
This is my fist.
It's coming towards you!! (Punch!!)
まじパンチ(笑
スジ、骨までくっきり。

成形後冷蔵庫で一晩。
いつもの方法で二次発酵1時間
ガスマーク7(結構高い) 焼成15分

バターロール

今回大成功!
夫に「今までで最高の出来」
と言わしめたパンにござる(笑

サワークリームで作るとどんなになるのか非常に興味があるのでやってみようと思っています。
| パンのこと | 18:13 | comments(5) | trackbacks(0) |
カボチャあんぱん
結果を先に書くとこれまた失敗であります。
何を失敗したのか?

まずカボチャあん。
レシピの通りの分量で作ったら甘すぎました。
カボチャの甘味が強かったのだと思います。
でも味見したときは美味しいと思ったんだけどな。
疲れていたからでしょうか?
でもイギリス人なら美味しいと言ってくれるでせぅ。

で、二次発酵。
もうちょっといいかな〜
と刺繍糸の整理などはじめてしまったあの10分が余分でした。
ダレダレ。

カボチャあんパン

お見本の写真によると本当にカボチャの形になってるのに、私のはひしゃげた花?
ふわふわなんだけど、、
もうちょっと腰高にするためには強力粉が100%の方がいいのかも。
焦げてるし、、、

更に中央のパンプキンシードは、カボチャあんを作ったカボチャから取ったもの。
硬ぅて食べれん(当たり前

うむ・・・精進じゃ。



追記

試食した夫曰く、特に甘くないとのこと。
そうか?私が味盲なのか??
パンプキンシードのことを友達に言うと、食べるのは中身だけ、と言われてしまいました。そっか、カラは除くんだ、、、
| パンのこと | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
また失敗
はい、また失敗です。

オーガニック強力粉を切らしてしまったので仕方なく下のような配合で作りました。

強力粉 100グラム
ライ・フラワー 60グラム
薄力粉  60グラム
イースト 小匙1と半
バター 40グラム
牛乳と卵 適当

ハードタイプのパンといえば聞こえはいいが、かちこちの乾パンを想像していただければ。
そうですね、味のない巨大そばぼうろ。

泣きながら次男と二人でサンドウィッチにして食べました。
(二人で、こっそり鳥のみなさんにプレゼントしようと決めました。ああ、目が潰れる、、、)

写真はなし。
ええ加減同じ失敗するなよな〜>自分
| パンのこと | 01:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
Breakfast Rolls
今日失敗したらいくら私でもしばらく立ち上がれないことが予想されますので(それほど昨日のは不味かった)、強力粉でブレックファストロールを作ることにしました。

The Big Book...より
強力粉450グラムはか弱い私の手にはちょっと多いので、3分の一減らした量で。

配合
強力粉    250グラム
薄力粉    50グラム(勝手に置き換え)
イースト   小匙1
砂糖     一つまみ
有塩バター  20グラム(ホントは無塩バター20グラムに塩小匙2/3)
ぬるま湯   100ml
ぬるま?牛乳 100ml

↓一次発酵後

Breakfast Rolls 一次発酵後

捏ねているときから非常に快調♪
10分ほどで捏ねあがりました。
発酵は室温(ヒーター・オン)で1時間ちょっと。
成形中もどんどん発酵が進んで、それはちょっと大変でした。
イーストは普段より少ないのにな。

冷蔵庫で一晩。冷蔵中も発酵が進んだ気がする、、、

翌朝オーブン&お鍋発酵法で40分。これでも充分に発酵してました。

↓ガスマーク5で焼成20分。

Breakfast Rolls 焼成後

本に、卵だけでなく、ミルク、蜂蜜、水でさえも艶出しに使えるとあったので今日はミルクを艶出しに使ってみました。
ミルクでするとマットな感じに仕上がりました。

ふわふわなんだけど、味が、、、
あっさりし過ぎ。
もう少しだけ砂糖が欲しかったな。
あと、やっぱり有塩バターの塩気だけでは足らないみたい。
8%だから塩分量としては1.6グラム。やっぱ足らんわ。

少ない私の経験によると、日本人の人が考えたレシピの方が私は美味しいと思います。日本人の味覚が西洋人とは違うのかも?
| パンのこと | 18:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
NEW | TOP | OLD >>