今日もこねてみる。

不器用な2本の手と古いガスオーブン、そしてない知恵ふりしぼり作るパンの記録。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
栗の渋皮煮
 こちら地方、栗が出回るようになりました。
私の地元では「銀寄」なる栗で秘かに?有名ですが、こちらの小粒の栗も大変美味です。
産直市で1キロ380円でした。
1キロは早速皮をむいで栗ご飯用に冷凍いたしました。
1キロは渋皮煮にしました。

ついったによるとワタクシ2010年に渋皮煮を作っております。
確か2キロほど作ったのではないかと思われます。
非常に美味しかったのでムスメに送ってやろうと小さな瓶に入れて滅菌したものの、送らずにまだ手元にありまして。因みに常温保存です。

それを怖いもの見たさ?で開けてみました。

3年物の渋皮煮1

銀寄栗の渋皮煮がたった3個入っております。


3年物の渋皮煮2

開けるとき「ポンッ」と音はしました。
わいてはいないようです(って、方言かな?)。
液が濁って見えるのは元々です。皮が破裂?したものがあったので濁ったのです。


3年物の渋皮煮3

一応渋皮煮に見えます。


3年物の渋皮煮4

・・・見えます。


お味は、、、
シロップに漬けた何か、という感じ。
全く栗の風味はしませんでした。
食べた後6時間ほど経っておりますが、お腹を壊すことはありませんでした(が、良い子はマネしないでね)。

きちんと滅菌すれば持つんですね。
でも美味しくいただくには常識の範囲内で食べた方が良いのでしょう(学習)。

友達から渋皮煮も冷凍保存をすればいいと教えてもらいました。
確かに!
必要個数を出して使えるし、食べきらねばと焦らないでもいいし。
次回は必ず。



さて今年の渋皮煮

途中の図はすっ飛ばし、滅菌中の図↓

今年の渋皮煮1

今年はきちんと重曹で何度も灰汁を取り、皮が破裂したのは別にとって煮たので、シロップが大変クリアです。

今年の渋皮煮2

やっぱり今年のは美味しい(当たり前)。

レシピはこちらからお借りしました。




| お菓子 | 22:00 | comments(0) | - |
カラメルりんごカップケーキ
この燃料高騰の折から40分もオーブンを使うのは、と思い立ちマフィン形に入れて焼いてみました。
カラメルりんごケーキと同量ですが、小麦粉をplain flourをself-rising flourに替えました。日本の方はBPまたは重曹を小さじ2分の1ほど入れてください。
マフィンカップ9個分になります。

180度で18分程焼きました。13分くらいから焼き色を見てください。楊枝を刺して生地がくっついて来なければ焼き上がり。



+



もうすぐハロウィーン。
ロシア人の友達にジャック・オ・ランパンの作り方を伝授しました。ちょっと色黒さんになりました^^
本番にうまく作れるかな。
| お菓子 | 02:38 | comments(0) | - |
りんごづくし
今イギリスではりんごが沢山なっています。
裏庭にリンゴの木を植えている家庭は多いように思います。
日本の裏庭の柿の木感覚でしょうか。
友人宅にもりんごの木が3本。
1本は家よりも背が高くなっています。大木にりんごがたわわ。でもこれは美味しいのと酸っぱいのと半々。
もう1本はCoxDiscovery*という品種の赤いりんごで、小ぶりですが熟れるととても甘い。歯ごたえもいいです(妙に人のうちのりんごに詳しい)。
落ちて腐るともったいないからと山ほど貰って帰りました。

+

強烈に酸っぱいものはまずりんごジャムにしました。
小さく切ったりんごの重量の9割ほどの量の砂糖を投入。
かなり酸味が強いのでレモンは入れませんでした。
赤いりんごの皮を入れてアクを取りながらことこと煮て、うっすら桃色のりんごジャムが出来ました。


煮沸消毒したビンの口まで熱々のジャムを入れてふたをし、逆さまにして冷まします。
これで常温保存できるはず。


一つはりんごをいただいた友達に。

+

りんごのキャラメル煮ケーキというのが、随分以前にユーハイムのHPのレシピにありました。とても美味しくてそれでいて簡単なので気に入っていたのですが、レシピを散逸、更にはもうユーハイムではレシピを公開していないのですね。残念。

それで記憶の糸を手繰りながら作ってみました。

キャラメルにしようとするのにいつも砂糖の結晶化したものを作ってしまいます。ただのりんごを煮たのが上に乗っているケーキになりました。うーーむ。

+

最後に適当に豚ロースのりんごソース添え(と書けばかっこいいが実際はこれ↓)

添え野菜がいつも同じだ^m^

あ、あとりんごのチャッツネーを作ろう!

*りんご鑑定士?に鑑定を依頼したところ、Discoveryという品種だったそうです。皮をむいても中がほんのりピンクの赤いりんご。あしが早くて1週間ほどしか持たないので商業ベースにはのらない、イギリス独特のりんごらしいです。ほう。
| お菓子 | 21:59 | comments(6) | - |
マダムのマドレーヌ
次男の友達のお母さん(生粋のフランス人)にいただいたマドレーヌです。



子供の頃から母が製菓卸の会社のお菓子教室で習ってきた日本人好みのふわふわマドレーヌがマドレーヌだと思っていたので、本場のマドレーヌに驚きました。結構固いの。しっかりとした歯ごたえというか。ほのかなレモンの香りがよい感じでした。いつかレシピを貰いたいと思います。

娘のイタリア土産のレモンシーノ。イタリアの梅酒(違うか)みたいなものだということは分かりました。それで冷水で割って飲んでみると無茶苦茶甘くって作り物っぽい匂いが好まれず。レモンって簡単に香りが合成できて何にでも入っているから、案外作り物の方が本物っぽく感じられるのでしょうか。
とにかく娘には悪いが不評。かといって料理に使うには甘すぎる。
ということでいつものスポンジケーキに大さじ1杯ほど入れてみました。



レモンシーノの香りがほのかにするケーキが出来ました。
(側の差しはついついいつもの癖で、ふわふわ度をチェックせずにはおれないのです。)
いつもの砂糖の分量だったのですが、随分甘いケーキになってしまいました。恐るべし、レモンシーノ!
| お菓子 | 04:26 | comments(0) | - |
バナナマフィン
anyrecipe2さんのバナナマフィンを次男と一緒に作りました。
卵白を泡立てたり、バターをクリーム状に混ぜたりと作業がいろいろあって、次男も楽しんだようです。
chiblitsさん、バナナを抜いた材料をマフィンのデフォールトとして使えるのか次男が聞いております^^

これからは学校のケーキストールには次男自ら作ったケーキをドネートしてもらいましょう(ニヤリ



| お菓子 | 02:33 | comments(4) | - |
バナナブレッド
chiblitsさんのレシピでバナナブレッドを作りました。
残り物のアーモンドスライスを生地にも入れて焼きました。
美味しかったです。

バナナブレッド

バナナブレッド2
| お菓子 | 16:39 | comments(5) | - |
酒饅
賞味期限が迫ってきた酒粕を使って夜な夜な甘酒を作って飲んでいたのですが^^;ふと思いついて酒粕で酒饅を作ってみることにしました。

レシピには酒粕を日本酒につけてふやかす、とありました。日本酒がないので白ワインで代用しようかとふと思ったのですが、別物になりそうだったので水でふやかしました。

酒饅

ほのかに酒粕の匂いが。
これだけで子供たちは引いてしまい(甘酒も変な匂いだと言って飲まない)、大方大人が食べました。
美味しかったけど、、、アルコール分が足らん!!
| お菓子 | 07:50 | comments(0) | - |
ラングドシャ
↓の本を使ってラングドシャを作りました。
美味しい♪
けど、バターが結構入っているので焼きマカロンに比べるとカロリー過多でアンヘルシーかも。

ラングドシャ

ココナツ入りの焼きマカロンを作ったのですが、写真をとる前に胃袋へ。
レシピはまた今度。
| お菓子 | 23:56 | comments(0) | - |
シュークリーム5号
Anyrecipeさんのレシピでミニシューを作りました。
アドバイスに従って、木べラを泡だて器に持ち替えてせっせと混ぜて見ました。
ちょっと卵を入れすぎたか、木べラにたっぷりととって垂直にして3秒ほどで落ちました。
22個に搾り出し、たっぷり霧を吹いてオーブンで焼きました。

今日のミニシュー↓

ミニシュー皮

高さ約3.5センチ。
よく出来ました!(自画自賛
| お菓子 | 23:14 | comments(4) | - |
お菓子作りのなぜ?がわかる本*スポンジケーキ
お菓子作りのなぜ?がわかる本を手に入れたのは納得のいくスポンジケーキが作りたかったからでした。
この本の分量は殆ど基本的なスポンジケーキのものと変わらないのですが、この本の優れているところは分かり難い表現をなるべく廃して、写真と分かり易い表現で作り方を示しているところです。

この本で作ったスポンジケーキを食べると、今までのケーキは一体?!という感じでした。
今までは膨らみがあまり良くないので、別立てで、更にはBPを少々入れていました。
この本のレシピに出会ってからは共立てでしっとりふわふわ、ケーキだけで本当に美味しく頂けるのです。
今までのスポンジケーキはデコレーションでスポンジの不出来をごまかしていたんだなあ、とつくづく思いました。

前振りが長くなりましたが、焼き上がりの図です↓

ふわふわスポンジ
ふわふわスポンジ2
| お菓子 | 06:55 | comments(0) | - |
NEW | TOP | OLD >>